くらし 買い物

初めてPayPayを利用する〜税金と公共料金〜

2021年12月3日

公共料金などの支払いにコンビニに行くのが面倒になったためPayPayを利用しようと思い登録してみました。

必要な設定をするのに面倒&時間がかかって一度挫折。

でも一度設定すると家でできるのでとても楽になります。

支払いためにコンビニに行って余計な買い物をしたり、銀行に行って書類を書いたりする必要がありません。

さらに公共料金や税金の支払いでもPayPayボーナスがつくのでお得でもあります。

メリット

  • 設定が終わればあとは家でできる
  • 公共料金や税金の支払いでもPayPayボーナスがつく
トップページ|PayPay

支払い方法

支払い方法は3種類とありますが、それぞれに上限や細かい決まりがあって複雑に感じます。

  • 銀行登録
  • ATMから現金チャージ(セブン銀行、ローソン銀行のみ)
  • クレジットカードの登録

銀行登録

銀行口座から直接チャージする方法。

本人確認に時間がかかる。

登録できる銀行が限られている。

一度設定すれば50万円まで全てスマホでできるので楽。

ATMから現金チャージ(セブン銀行、ローソン銀行のみ)

セブン銀行、ローソン銀行のATMから現金でチャージができる。

チャージのためにはセブンイレブンかローソンに行かなければならないので、「家から出たくない」「近くにコンビニがない」という人間には不向き。

クレジットカードの登録

通常のクレジットカードではチャージができないし、チャージができないと公共料金・税金の支払いには使えない。

上限が低い。

各キャンペーンの特典を受けられない。

オンラインショップでクレジットカードの登録が面倒とか普段クレジットカードを持ち歩かないという場合には便利かもしれない。

面倒な点

PayPayを利用しようと思い立ったものの税金の支払いにたどり着くまでに時間がかかりました。

少額の買い物だったら楽なのですが、高額の支払いには敷居が高いように思います。

面倒な点

  • チャージに指定のクレジットカードしか使えない
  • クレジットカードの上限が低い
  • 公共料金の支払いにはクレジットカードは使えない
  • 銀行登録するのに本人確認が必要
  • 登録できる銀行が意外と少ない

チャージに指定のクレジットカードしか使えない

チャージできるのは「本人認証サービス(3Dセキュア)」を登録済みのPayPayカード/ヤフーカードのみです。

nanacoなどでもそうですが、系列のクレジットカードしか使えなくして囲い込みを厳しくしてる感じです。

クレジットカードの上限が低い

チャージではない通常の使用の場合は登録は簡単です。

ただ「本人認証サービス(3Dセキュア)」を利用していない場合には5,000円まで。

「本人認証サービス(3Dセキュア)」をしている場合でも1回の上限は2万円です。

青いバッジが表示されてる場合は本人認証がされたクレジットカードでの決済上限金額25万円になります。

(青いバッジはPayPayの利用状況によって変わるらしい)

公共料金の支払いにはクレジットカードは使えない

税金や公共料金の支払いにクレジットカード払いは使えません。

冷静に考えればコンビニなどで支払う時も使えないので仕方がないのですが、クレジットカードの登録をしてから気付いて悲しくなりました。

(そもそも上限に引っかかるので使えないのですが、これもすぐには気付きませんでした)

銀行登録するのに本人確認が必要

結局コンビニに行かずに税金の支払いをするには銀行登録が必要なのですが審査に時間がかかります(最短3日程度)。

免許証と自分の写真を撮って必要事項を入力して送るだけ。でも写真嫌いにはつらい。

ただ自分の場合は審査が早かったのか当日中に登録できるようになりました。

銀行口座を登録する方法|PayPay

登録できる銀行が意外と少ない

最初地方銀行にしようとしたら停止中。

次に三井住友銀行にしようと思ったらワンタイムパスワードが必要とのことでできず。

(後で調べたらスマホのアプリから登録できるらしい)

ということで結局PayPay銀行にしました。

良い点

一度銀行登録さえしてしまえばあとは家でできるのでこれはやはり楽です。

税金の支払いでもポイントがつくらしい(おそらく0.5%)のでお得でもあります。

良い点

  • 設定が終わればあとは家でできる
  • 公共料金や税金の支払いでもPayPayボーナスがつく

設定が終わればあとは家でできる

銀行登録が終われば必要な金額をチャージして払込書のバーコードを読むだけなのでとても楽です。

銀行からのチャージは1日の上限50万円なのでまずひっかかることもありません。

バーこどのついた納付書を用意すれば寝っ転がったままスマホをちょちょッと操作すれば終わりです。

(領収書は出ないので注意が必要です)

公共料金や税金の支払いでもポイントがつく

通常公共料金や税金の支払いにはポイント等はつかないことが多いですが、PayPayの場合はPayPayボーナスというものがもらえます。

通常は0.5%、条件達成によって増えるようです。

実際に使えるようになるまでにはしばらくかかります。

銀行登録さえ終わればとても便利

なんだか不満ばかり書いてしまいましたが、一度設定してしまえばとても便利です。

支払いのためにコンビニに行かなければというプレッシャーもなくなり精神的にも楽になりました。

PayPayボーナスがもらえるのもお得でうれしいですし。

今後も公共料金と税金の支払いはしなければいけないので役に立ってくれることでしょう。

↓ Appleストアはこちら

↓ GooglePlayはこちら

-くらし, 買い物