くらし

住所変更後はヤマト運輸の転送サービスが安心

2021年3月2日

クロネコヤマト

春は引越しの多い季節です。

引越をすると旧住所あてに郵便物や荷物が送られてしまうことがあります。

郵便局は「転居届」、ヤマト運輸は「宅急便転居転送サービス」を利用すれば便利です。

ヤマト運輸の宅急便転居転送サービス

郵便局の転居届は多くの人が知っていると思いますが、ヤマトの転送サービスは知らない人も多いのではないでしょうか。

わたしは以前引越し先の部屋で使う予定の物をオンラインで購入したとき、うっかり住所変更を忘れてしまったことがあります。

発送の連絡がきてから気付き、慌ててヤマトに連絡したところ無料で転送してくれるとのこと。

その際にヤマト運輸にも転送サービスがあることを知りました。

クロネコヤマトの「宅急便転居転送サービス」は引越し前の住所あてに送られた荷物を自動的に新住所に転送してくれるもの(できない荷物もあり)。

手続き前に発送されてしまった荷物は送り状番号があればサービスセンターに連絡すればそのまま新住所まで持ってきてくれます

ネット通販で住所変更を忘れてしまっていてもヤマトの宅急便を利用しているところなら安心です。

転居転送サービスのやり方

step
1
郵便局に「転居届」を提出する

郵便局の「転居届」を利用して新住所の確認をするので転居届をだす必要があります。

step
2
サービスを申し込む

WEB上からも書類でも出せます。

step
3
「転居転送サービス本申込書」返送

「転居転送サービス本申込書」が往復ハガキで届くので署名と押印をして返送します。

郵便局の転居届

郵便局の「転居届」は知っている人も多いでしょう。

「転居届」を出せば1年間は転送してくれます。

てっきり手紙やハガキだけかと思っていましたが、郵便局のQ&Aを見ると荷物も同じなようです。

1年経った後も続けて転送して欲しい場合はもう一度転居届けをだすとさらに1年間継続して転送してくれます。

申し込みはWEB、窓口、郵送でできるので簡単です。

-くらし
-